我が家の癒し系ガールズの日記


by emahana

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

親子遠足

今日は年少さんの親子遠足でした。
遠足っていうと、何日も前から楽しみにしてそうなもんだけど、まだはなぽんには「えんそく???」で、よくわかってなかったみたい^^;
普段どおりバスで登園して、お家の人は後から幼稚園に集合したんだけど、教室で先生が「今日はお母さん、お父さん達と一緒に遠足に行きまーす!」って言っても、子供たちはポカーンとしてたところを見ると、みんな遠足が何かわかってなかったみたいね^^

入園して1ヶ月半ぐらい経ちますが、先日の初めての参観日に比べると、年少さん達、ずいぶんしっかりしてきたように見えます。でもえまたんの年長さんのクラスを見慣れていたので、まだまだ年少さん達、ちっちゃくてかわいい~(*^-^*)

遠足の行き先はっていうと、幼稚園の奥にずーっと広がる、創始者のゆかりの建物や庭園。まぁ、ちょっとしたお散歩ってとこだけど、普段なかなか入れないところなので、おもしろかったです。中には坂道や山道なんかもあったけど、はなぽんは先生とも約束したとおり、「だっこー」って言わずにしっかり歩きました!

幼稚園でははなぽんはずーっとえまたんにくっついていて、年少さんのクラスのお友達とは遊んでないんじゃないか、えまたんがいないとシュンとしてるんじゃないかって心配してましたが、だいぶ自分のクラスにも馴染んできたみたい。だんだんとお友達の名前も覚えてきていて、もう6,7人は名前が挙がってきます。
まだまだこの年齢では、それぞれ好きな遊びをしていてまだ友達とかかわりあって遊ぶことは少ないようですが、クラスで仲良しのお友達も出来たみたいで、二人で手をつないで歩いたり、一緒にお弁当を食べたり^^

クラスで並んで待ってる間も、隣の男の子達と突っつきあったり、帽子をひっぱりあったりしてキャーキャーじゃれています^^ 男の子、それもやんちゃなタイプの子達とも結構遊んでるみたい。なんだか意外~。 はなぽんは家では活発でも幼稚園ではおとなしいタイプじゃないかなーと思ってたら、いえいえ、全然そんなことはありませんでした。幼稚園では家以上に活発なようです(^-^; 見た感じ、全く早生まれのハンディは感じなかったなー。

だんだんとはなぽんも自立してきて、自分の世界が出来てきました。
いやー、今日は成長したはなぽんを見せてもらいました^^
[PR]
by emahana | 2007-05-21 20:57

10年ぶりのレッスン

はなぽんも幼稚園に行きだして、だいぶ落ち着いてきたので、いよいよわたくしもピアノのレッスンを再開することにしました!

今日がその初レッスンの日♪
以前ちょっと弾いてた曲を持って、自転車で先生のお宅へGO!

10年以上ぶりぐらいに、しっかりハノンを弾いて、ト長調、ヘ長調なんかの調の音環の理論のお話なんかも聞いて、いざベートーベンのソナタ「テレーゼ」をレッスンしてもらいました。

自分ではそれなりに弾けてたと思ったけど、さすが先生。ごまかして弾いてたところをことごとく指摘されました(^-^; いや、それがとっても嬉しくって楽しくって、やっぱりレッスンを受けるっていいなぁ~。

ブラームスの間奏曲もさっとみてもらって、少しあれこれ音楽の話をして、あっという間に一時間が経ちました。

ああぁ、なんて楽しいんでしょう!!!
クラシック音楽に詳しい方から、いろんなことを教えてもらって、一緒にピアノや音楽の話が出来るって、ホント楽しいっ。

これからがんばるぞー!!
[PR]
by emahana | 2007-05-08 21:19 | ピアノ

縄跳び

縄跳びって、普通いくつぐらいから出来るようになるのかなぁ。。。
私はというと、特に縄跳びが出来るようになるために練習した記憶はないなぁ。気が付いたら跳べるようになってたような。。。

えまの周りでも縄跳びが上手に飛べる子が増えてきました。えまの幼稚園では年長さんになると、布を長く裂いたものを三つ編みにして自分で跳び縄を作り、みんなで縄跳びをします。運動会のクライマックスも年長さんの縄跳びを使った競技や走り縄跳びリレー。

えまはというと・・・・だいぶ前に縄跳びを買ったのに、まだ全然飛べません(-_-;)
まず縄を全然回せない。手をバンザイするぐらいまで大きく上に上げ、何とか縄を後ろから前に持ってきて、地面の上に止まったところを跳んでいます。
そして、ジャンプする時に毎回しゃがみこむぐらいオーバーに跳ぶ。しかも止まってる縄を跳ぶもんだから毎回大きく前に前進。

これじゃあ、なかなか跳べないよなぁ・・・と見かねて、
・軽く足先でジャンプすること
・前に前に動かないでジャンプすること
・脇をしめて手首で縄を回すこと
・回すのがまだ難しいなら、せめて跳んだ後縄を後ろに送ること
・動いている縄をタイミングよく跳ぶこと

などなどをクリアすべく、出来そうなことからあの手この手で教えようとしたんだけど・・・・

問題なのはえまの態度。
もともとちょっと難しいなと感じるとすぐに投げ出してしまう性格に加えて、私に何かを教えられるのをとても嫌がるのです。「こんどはこうやってってやってごらん。」なんて一言を全く素直に聞いたためしがない。

幼稚園でみんな上手に跳べるようになっても、えまだけ縄跳びが出来なかったらかわいそうだと思って、こっちは一生懸命手取り足取り一緒に練習しようとしてるのに、一言アドバイスしたらふてくされて、やる気無げにわざと下手くそになる始末。私の言い方が悪かったのかと、いろいろ言い方やり方を替えてみてもダメ。
しまいに私も腹立ってきて、イライラして練習終了・・・・ってパターンばかり。

こんな調子で、幼稚園で流行ってるあやとりを教えてあげようとしても、全くダメ。
何とか毎日のピアノの練習はやってるけど、新しい曲を始めるときはいつも喧嘩です。。。

あー、もうちょっと素直にこっちの言うことを聞いてくれて、ちゃんとまじめに練習したら、もっともっといろんなことが出来るようになるだろうに。本人も友達がやってるのを見て、自分もやりたいと思ってると思うんだけどなぁ。どーして自分から一生懸命にやろうとしないんだろう。
「出来るようにしてあげたい。できた!って気持ちを味あわせてあげたい」こっちの気持ちが伝わらなくて、ママは悲しいデス・・・。拒絶されて腹も立つし(-_-;)

ま、気を取り直して、ぼちぼち本人のやる気を持ち上げながら、練習してていこうかな。
とりあえず縄跳びの基本姿勢の、「脇をしめて腕を外に広げる」って姿勢も、手を持って直してあげようとすると「痛い、痛い」ってろくに出来ないので、そこからだなー。
自転車も最初はこんな感じだったけど、乗れるようになってだいぶ自信も付いてきたみたいなので、その意気で縄跳びもがんばってもらいましょう。

縄跳び指導について、こんなHPを見つけました。http://homepage1.nifty.com/seigo/nawatobi-index.htmこれはかなりわかりやすい! 私も勉強しよっと。
[PR]
by emahana | 2007-05-08 21:03 | こどものこと

大山~鳥取砂丘

今年のゴールデンウィークは、久しぶりに家族旅行♪と前から計画を立ててきました。行き先は大山~鳥取砂丘の2泊3日です。

ところがっ!
出発日の2日前からはなぽんが発熱・・・。
元気そうだけど、高い時は39度。前日の晩も熱は高いままで、咳も出てきて、夜中に何度も目を覚ましていました。
こりゃ、旅行はキャンセルかなーと半ばあきらめモードで、当日の朝ゆっくり起きてみると、ちょっと熱も下がったみたい。本人もすっきり顔で「旅行いくー!」 前の日に見てもらったお医者さんも「喉の赤みもたいしたことないし、ぐったりしてなかったら旅行に行ってもいいじゃない?」っておっしゃったので、思い切って出発することにしました。

本来なら朝は6時出発だーって張り切ってたけど、出るのが遅くなったので高速は途中渋滞。車の中ではなぽんの体温を測ってみると、また39度・・・(-_-;) よっぽど引き返そうかと思ったけど、本人は「いやだ~~、お家帰らない~~!!」と絶叫するので、やっぱり行っちゃいました。

1日目は蒜山~大山、2日目は大山~倉吉、3日目は鳥取砂丘・・・という行程。

d0025729_22502158.jpg大山では、山の木々の新緑や牧場の緑を堪能しました。子供たちは念願のお馬さんに乗れて大満足^^ 心配していたはなぽんの体調は、1日目はまだ熱は高かったものの、わりと元気そうで、お馬さんをなでたりソフトクリームを食べたり。2日目にはだいぶ熱もさがっていました。ほっと一安心。ただ、熱が下がってからのほうが、機嫌が悪くて大変でした^_^;
蒜山&大山の牧場をいくつか回って、ソフトクリームを何個食べたことか!

鳥取砂丘では、始めのうちはなぽんのご機嫌は最悪だったけど、えまたんは目の前に広がる砂・砂・砂に大感激!!! 今回の旅行で砂丘が一番心に残ったようですね^^

d0025729_22504599.jpgまずお約束のラクダに乗らなくてはっ。
えまは大きなラクダに一人でまたがり、ぽっくりてっくり一回り。はなぽんもこのときだけは機嫌を直してママと一緒に乗りました。(もっと長い距離を歩いてくれるのかと思ったけど、ほんのちょっと歩くだけなのよね・・・(^-^;)
えま曰く・・・「ラクダがすっごくおとなしかったからびっくりした。曲がるときにすっごくゆれてちょっとこわかった。」

d0025729_22511565.jpgラクダから降りるといざ砂丘探検へ~!
サラサラの砂の坂道を登って、登って、登りきって頂上に着くと、それまで砂と空しか見えなかったのに、眼下には真っ青な日本海が!!! この景色にはえまもとっても感動したようです。
家に帰ってから「えまたんがこの旅行で一番びっくりしたことは、砂丘のお山を登ったら、いきなり海がみえたこと。」ってしみじみと言ってました^^

「石とか棘が全然なくって、砂ばっかり。幼稚園のサラ粉作り器(お砂場セットのフルイのこと)で振るってもきっと中に何にも残れへん」(byえま)さらっさらの砂の上を裸足で歩くのが気持ちいいこと! 砂山(通称「馬の背」)のてっぺんに座って海を見下ろしていると、時間を忘れるようでした。海まで急斜面を走って降りたい衝動にかられたけど、帰りが大変なのでがまんしました^^

そこにはなぜかテントウムシが大量にいて、それまで機嫌が悪かったはなぽんも、手に3匹も4匹も止まらせて、砂に埋めたりするのに夢中になって、何とか機嫌を直してくれました。
d0025729_22513343.jpg


やっぱり砂丘はよかったなぁ。私はこれまでに何度か来た事があったけど、やっぱりよかった!
またゆっくり行きたいところです。

いやはや、今回の旅行は39度の熱がある子供を連れて出発して、いろいろ心配したり、機嫌が悪いのをなだめたりで、疲れましたが・・・結果的には、旅行中に回復して、よかったです^_^;でも、やっぱりはなぽんはしんどいのにあちこち連れまわされて、かわいそうなことをしました。ちょっとは楽しい思い出ができたかなぁ。。。
大山も、また子供らが元気で機嫌がいい時にゆっくり行きたいなぁ。
[PR]
by emahana | 2007-05-04 22:54 | お出かけ