我が家の癒し系ガールズの日記


by emahana

<   2005年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ほっとけーき

熱が下がって元気になったと思ったら、また咳&鼻水がひどくて夜は熟睡できないはなぽん。。。でも、昼間は元気そうです。

午前中、何冊も絵本を読んでいて、お気に入りの「しろくまちゃんのほっとけーき」を読んだときのことです。読み終わったら「ぱんっ!(パン&ケーキ類全般のこと)」と言いながらすくっと立ち上がり、「ぱんっ!ぱんっ! ちっちっちー(訳:はちみつ、ジャムをいっぱいつけて♪)」と台所へ直行! ホットケーキ作ってくれってことね^^

ここんとこずっと食欲もなかったので、ホットケーキを食べてくれるなら!と一緒に作り始めました。はなぽんと二人でお料理するのは初めてのことです。

自分で踏み台がわりの椅子を台所に押してきて準備万端!

『たまごをわって、ぎゅうにゅういれて・・・』・・・まぜまぜまぜ

『こなはふわふわ、ボールはごとごと・・・』

ちゃんとしっかり泡だて器を持って混ぜています(*^-^*)
はなぽんひとりだったら、落ち着いてちゃんとやってるじゃないのぉ!

さて、フライパンで焼きます!

『ぽたぁん、どろどろ、ぴちぴち、ぷつぷつ・・・・・』

あまーい香りがして、きれいに焼きあがりました♪
すると口に手を添えて一言「ぱんぱーん!(パンダ、くま類のこと)」
一瞬??でしたが、どうやら「こぐまちゃーん、ほっとけーきやけたわよ~!」のしろくまちゃんのせりふのようです^^
(えまがはなぽんぐらいのときに、ホットケーキの実演した時は、この場面で「たっくーん!むにゃむにゃ~!!」とボーイフレンドの名前を呼んでたっけ^^)

念願のホットケーキにかぶりついてご満悦。食べながら、絵本を読んでくれと、もう一度手順を確認するはなぽんでした(*^-^*)
[PR]
by emahana | 2005-11-29 12:09

型抜きクッキー

今日は幼稚園のPTA主催の母親教室で、「クリスマスケーキのデコレーション教室」の日でした。えまはお土産のケーキを楽しみに幼稚園に出かけて行きましたが、はなぽんはどうも機嫌が悪いし、私も咳き込んで風邪のウィルス撒き散らしてたらケーキ作りどころではなく、断念。。。

幼稚園から帰ってきて第一声、「ママー、今日ケーキ作ってきた??」
「ごめんね、今日はしんどくて行かれへんかってん。」というと、

「じゃ、今からなんか作ろう! クッキーがいいな!」
と不満を言うことなく、ニコニコ提案してくれました^^

最近幼稚園仲間もお稽古事に通う子が多くなって、月曜日空いてるのはえまとNOちゃんだけ。なのでNOちゃんも誘って、いざクッキー作り!

今回作ったのはシンプルな型抜きクッキーで、ビニール袋の中にどんどん材料を放り込み、モミモミして作る簡単なモノです。あんまりシンプルだったので、NOちゃんの袋にはココアパウダーを、えまの袋にはちょうど残ってたりんごのコンポートを入れちゃいました。。。
りんご味のクッキーっておいしそう~だと思ったのですが、どうも水分が多くなっちゃったようで、生地がべとべとになってしまってまとまりません~(x_x) 粉を大量に足して何とか延ばせるようになりました。

子供達は夢中になって、コネコネしてるのはいいけど、どうも口を挟みたくなってしまうママ達^_^;  

「もうちょっと、力入れてみたら?ちょっとママにやらして。」

「もー!! 自分でやるから触らんとってよ!」

「端っこから型を押していかないとー。」

「あぁ~うるさいなー!」

ドサッ「うぎゃ~~~!!」←ハイチェアーから身を乗り出して「あたしにもやらせろ、食わせろ」だったはなぽんが床に落ちた音

うーん、ゆったりと子供とお菓子作りしてるママさん達、尊敬します・・・。
あっち見てたら、こっちで生の生地を食べてる人がいるし、こっち見てたらあっちではせっかくきれいに並べて焼くまでになっているクッキーをまた丸めてる人がいるし、またこっちでは厚さ3センチぐらいのクッキーを作ろうとしてる人がいるし・・・
えまだけだったら何とか出来ても、はなぽんも一緒に平和にお菓子作りが出来るのはいつの日のことか・・・。

そうこうする間に、子供達はだんだん上手に型抜きが出来るようになってきて、第一弾が焼けるのを待ってる間に、生地で顔を作ってみたり。焼きあがってみると子供達は大満足。お皿に山盛りのクッキーを食べる食べる!
お味のほうは、ココア味はほとんどレシピどおりだったし上出来♪ りんご味の方は・・・なんだかこねすぎて失敗したアップルパイのような・・・。ま、子供が喜んで食べてくれたのでよしとしましょう。

<反省>
レシピはきちんと守ること。
やっぱり・・・・今回はいろいろ口を挟みすぎたかなー。
今度作る時は、どんなことになっても、もうちょっと自由にやらせてみようっと。

<後日談>
お土産にと食べきれなかったクッキーを袋に入れて持ち帰ったNOちゃん。
次の日、お母さんに聞いたら、帰ってきてすぐにまた袋を開けて、あの変なクッキーをみんな平らげたとか。その日は晩御飯は食べずに満足して寝たらしい・・・(* ̄m ̄)
喜んでくれたようで、よかったデス(^-^;
[PR]
by emahana | 2005-11-28 22:40 | こどものこと

長い夜・・・

私の咳は、昼間は良くなったかのように思っても、やはり夜横になると止まらなくなります・・・。
昨日の晩は苦し紛れに、片っ端から咳のレメディを飲んでみました。すると・・・なんだか悪化したかも^_^;

それまでは寝てしまうと咳は止まってたのに、昨日の晩はずっと喉に煙が入ってイガイガするような感覚が治まりません。それでもやっと寝入ったかなと思うと、はなぽんが布団をガバッと蹴って目が覚めて、また咳込んで、またやっと寝入ったかと思ったら、はなぽんが「おっぱい~。」、また咳き込んで・・・の繰り返し(-_-;)

熱が下がったはなぽんは、全く布団を着ませんっ。もう今の季節は窓からの冷気で、私なんて首まですっぽり布団をかぶらないと寒いのに、布団を掛けても掛けても蹴ってしまいます。どうしても足に何かかぶさるのがイヤらしい。靴下も大嫌いだし・・・。で、布団から出てしばらくするとさすがに寒くなってきて、「ママ~、おっぱい~。」と起きることになるのです。これで何回起こされることか。ちょっと前は分厚いスリーパー(毛布で出来たでっかいベスト)を着せて寝かせてたけど、それも最近は断固として拒否(-_-;) 寝てから着せてもそのうちに「イヤ~!」って起きるし。そして、その間えまが「ママ~、おしっこ~。」「ママ~、お布団着せて~。」

そんなこんなで、全く寝た気がしないまま、朝を迎えた訳ですが・・・
体調&寝不足を考えても、その割にそれほどしんどくない。。。昨晩の発作的な咳はレメディの仕業だったのか!?

思えば、毎年こんな長引く咳の風邪を引いていました。
でも、そういえばホメオパスに通っていた前後2年弱の間は全く咳の風邪は引きませんでした。その間は皮膚の状態はとっても華やかでしたけど・・・^_^;
で、最近湿疹はだいぶ落ち着いています。。。で、この咳。
やっぱり、体に「溜まっている物」の出口が塞がれると、咳になって出てくるのでしょうか。
[PR]
by emahana | 2005-11-28 22:17 | まさこのつぶやき

カリン

何でも採れるパパの会社、こないだは柿が「ご自由にお持ち帰りください」って山積みにされていたらしいけど、今かりんがどっさり実ってるらしい。カリンシロップを作ってみたかったので、黄色く熟すのを待って、パパに採ってきてもらいました。

いや、正確に言うと「パパが採らせた」っていうか・・・。
なんでも、仕事の合間に若手の人に頼んで、フォークリフトを出してもらい、そのフォークリフトの爪の上にまた誰かを乗っけて、当のパパはというと「もうちょい右、右。そうそう、その上のやつを取れー!」なんて下で監督してたとか^_^;

d0025729_1251885.jpgそんなこんなで、立派なカリンを3つ、持って帰ってきてくれました。あまーい香り♪
はなぽんは「りんごー!りんごー!」、えまは「これ、食べてみたい。剥いて~!」なんて言ってるけど、カリンは生では固いし苦いし、食べられたもんじゃないのよね。

d0025729_1256132.jpgしばらく部屋に置いて香りを楽しんでいましたが、時間を見つけてやっと漬けられました
輪切りにして、種も一緒に同量の蜂蜜に漬けます。思ったより量が多かったので、急遽カリン酒も仕込むことにしました。ホワイトリカーがなかったので、パパのコレクションの中から重要度の低いウイスキーを貰って漬けることに。選んでる途中、「うーん、響にするか・・・さすがにもったいないなー。」なんて声が聞こえてきたけど、出してきてくれたのはシーバスリーガルだったかな? おいしく出来ますように♪

蜂蜜漬けは2週間後、カリン酒は6ヶ月後には飲めるらしい。ってことは蜂蜜漬けは12月初旬、カリン酒は来年の夏~冬前には飲み頃ってことかな。
[PR]
by emahana | 2005-11-27 12:56 | 手作り

はなぽんの熱その後

木曜日の夕方に熱を出したはなぽん、午前中は元気だけど昼過ぎにまた熱が上がるっていう型を繰り返し、今日は4日目の日曜日。夜中には熱はすっかり下がって、やっと元気いっぱいになりました。おっぱいもちゃんと飲んだし、朝ごはんのホットケーキも大コーフンしながら(←「しろくまちゃんのほっとけーき」の実現なので^_^; )ペロリ。
これで、午後になっても熱が上がらなければいいんだけど。

それにしても今回も、熱が上がった時は40度近く。それでも、ぐったりするほどでもなく、ウロウロ普通に遊んでいました。熱以外の症状は、初期の頃は痰をどっと吐いたことがあったけど、薄い鼻水程度。
体を触ってもそれほど熱くはなく、手足は氷の様でした。さすがに食欲がなかったけど、みかんは好んで剥いて、一口二口食べていたし、あまりお茶を飲もうとしなかったから、ベラドンナを何度か飲ませました。ベラドンナを飲んで寝ると、カーっと熱くなるような気がします。

そのほかは、ファーランフォス、アーセニカム、ブライオニアetc.いろいろ飲ませてみたけど、何が効いて何が効かなかったのか・・・^_^;  どうも一つ飲ませて、じーっと観察しながら待つってことがなかなか出来なくて、ついついこれでもかこれでもかって飲ませてしまう・・・。特に、症状が3,4日長引くと選び方が難しいなぁ。

そうそう、友達から「成長の節目の熱にはソーファーがいいらしい」と聞いたので、3日目ぐらいに飲ませてみました。するとすっと寝た後、10分後ぐらいにどっと汗をかいて熱がさーっと下がりました!(また次の日に上がってきたけど・・・)

私は咳がひどいです・・・。
今回はなぽんが発熱中、ずっと寝かしつけはおっぱいではなくて「ちょうちょ」の歌を歌ってくれって言われてたんだけど、何せ横になると咳が発作的に出て歌や絵本どころではありません^_^;  寝てしまうと喉が麻痺するのか咳は止まるんだけど、目が覚めるとまた激しい咳・・・。だからはなぽんも熱にうなされて夜中に起きて、「ちょうちょ、ちょうちょ・・・」と言われると辛かったー。

レメディは咳に効くといわれるものを片っ端から飲んでみたけど、その時は良くなってもまたぶり返してしまって、ちっとも根本的に効いてないみたい。。。あれ?今喉がすっごく楽だけど、朝何飲んだっけ・・・?? そうだ、ブライオニアだ。昨日あたりから、咳がだんだん乾いたものにかわってきたのです。
なかなか自分の為にレメディを選ぶのって難しい・・・。
[PR]
by emahana | 2005-11-27 12:41 | ホメオパシー

はなぽんお熱

琵琶湖博物館へ行った次の日、私もずっと風邪気味でちょっとしんどかったので、午前中一緒に寝て、夕方珍しくはなぽんがまた寝たのです。なんか熱出そうな気配がするなーと思ったら予感的中でした。

その日は熱は8度台でそんなに高熱ではないものの、しんどそうで夕方からずっとゴロゴロ寝てばかり。夜中は何度か起きて、パパやママを困らせたものの、次の日(今日)の朝はだいぶ良くなった感じ。今日は暖かかったし、買い物がいろいろあったので、午前中まだ熱はあったものの、ささっと買い物や銀行に行ったりもしていましたが、午後になってまた熱が上がってきました。

昼寝からフラフラ起きてきて、触ってみるとおでこはだいぶ冷たいし、手足も冷たい。だいぶ熱は下がったのかと体温を測ってみると、39度9分! だいぶ目が覚めてきて、ねーちゃんと一緒に遊んで笑ったりしてるから、今度こそ下がったかとまた計ってみても39度7分。
熱の割に元気そうなんだけど、手足が冷たいのが曲者のようで・・・。

今日もお風呂は止めようかと思っていたけど、ねーちゃんがお風呂の準備をしだすと、はなぽんは自分も入る!とちゃんと自分のパジャマとオムツを持って浴室へ行き、半泣きになりながら服を脱ぎだしたので、「えまと私が入ってる間、一人で待たせておくのもなんだし・・・」とささっとお風呂にも入れちゃいました。

でも、さすがに40度近い熱があるから、しんどいだろうなぁ。。
あんなにお茶好きなのに、飲もうともせず、おっぱいも「いらん。」喉が痛いのかもしれません。(好物のカルピスや山ブドウジュースだったら、コップ2杯飲んだけど^_^;ゞ)

寝る時はおっぱいの代わりに、「ちょうちょう」の歌を歌ってくれとせがみます。
ママも、横になると咳が止まらなくなるので、その状態で歌を歌うのはちょっと辛い・・・。
早く良くなりますように。。。
[PR]
by emahana | 2005-11-25 21:08

年賀状用写真撮影会

そろそろ年賀状を作らなきゃいけない時期・・・。
年賀状用にと家族4人が写ってる写真を探したけどほとんどないし,4人で写ってても誰か変な顔してたり・・・。

なので23日の朝、どこかで家族の写真を撮ろうかなんて話してると、えまが、「そんなら、またチョウザメのいるとこに行きたい~!」と言い出したので、急いでお弁当を作って、また琵琶湖博物館に行くことになりました。

博物館前の原っぱや埠頭で何枚か写真を撮って、いざ館内へ!
何回行っても楽しい琵琶湖博物館♪ まずは水族館へ直行ですが、もう子供達は大体勝手がわかってるので、要所要所ポイントを押さえながら駆け足で周っていきます。二人のお気に入りは、カメ、屋外の錦鯉、カイツブリ&ユリカモメ。(なんだかわざわざここまで来なくても近くでも見られそうなもんばっかり・・・)d0025729_20552673.jpg今回、カイツブリさん達は活発に動いていて、何度も何度も水槽の中に潜ってきて、子供達を喜ばせてくれました。子供達の背丈から見ると、たかーい水面に水鳥の足しか見えないおかしな展示なんだけど、カイツブリが潜ってくると、ペンギンが泳いでるみたいでおもしろいんだなー。

こないだ来た時は、水族館と企画展示を見て帰ったけど、この日は企画展以外のすべての常設展示を見て回りました。
うーん、おもしろいっ! 子供達がチョロチョロ走り回らなかったら、もっとゆっくり見れるのにー。ま、いいや、また来よう。

で、家族の写真は・・・というと、これだっっていう傑作は撮れなかったけど、とりあえず家族4人写ってる写真が何枚か撮れました。
ただ、やっぱり写真撮る前に、ヘアカット行っといたらよかったなー。考えたら夏の終わりにベリーショートに近く切ってから、美容院に行ってないわ。ショートヘアだと日ごろの手入れは楽なんだけど、頻繁にカットに行かないと変になってくるのよねぇ・・・^_^;ゞ
d0025729_22213148.jpg

[PR]
by emahana | 2005-11-25 20:45 | お出かけ

豚肉!?

今日はお昼に、いつもの幼稚園メンバーのママ達がうちに集まって、ランチ&お茶をしていました。ピザを焼こうかーって言ってたら、ママ達の中で「私、学生時代にシ○ゴピザでバイトしててん~!」なんて人がいて、生地を華麗にクルクルまわして薄ーく伸ばして、いろんな物をきれいにトッピングしてくれたりして、豪勢なランチでした♪

みんな何か手土産を持ってきてくれて、ランチはもちろん、そのお菓子や果物もはなぽんはきれいに平らげました。手土産の中で、ひと際はなぽんが狂ったのは・・・

クラブハ○エのバウムクーヘン!!

そうです、以前、大泣きしてまで欲しがったアレです。
みんなで切り分けて、はなぽんも大人一人前分しっかり食べちゃいました。

で、えまが幼稚園から帰ってくると、しっかり証拠隠滅したはずが、バウムクーヘンの箱の中に入っていた冊子がテーブルの上に残っていて・・・えまがジーッとそこに載ってるおいしそうなお菓子の写真を凝視しています。「わー、やばいなぁ。。。『これ、食べたんやろー! ずるい~~~!!!』って泣かれたらどうしよう・・・」と内心ビクビクしていたら、

「ママー、これ、おいしそうやな~。今度、バウムクーヘン作って~。ほら、見てみー、バウムクーヘンって豚肉から出来てるみたいやで~。豚肉をクルクル巻いてるなかなぁ??」

は!?(?_?)

ちょっとその時は意味不明だったけど、この辺がのんびりやさんの第一子やねぇ(^-^;
(後からその冊子をよくよく見てみると、終わりのページに「バウムクーヘンの端は豚の飼料として養豚場に提供して、おいしい豚肉を作ってもらってます」っていう旨の説明が挿絵いりで書いてありました(* ̄m ̄) )

お菓子といえば・・・
えまが2歳半ぐらいの頃(現在4歳5ヶ月)、出来るだけ甘い物を食べさせないようにしていたので、チョコレートやケーキなんて物の存在はまだほとんど知らなかったのです。
そんな頃、、、

「うわー、これおいしそうやなぁ~。これはアンコかなぁ。でっかいアンコのお菓子かなぁ~。」

なんてつぶやきながらクリスマスケーキの広告のチョコレートケーキを指差してたのが忘れられません(* ̄m ̄)  
あの頃はえまも純粋でかわいかったなー。いや、今はもっと味が出てきたっていうか、おもろい奴になってきました(*^-^*)
[PR]
by emahana | 2005-11-21 22:45 | こどものこと

べろべろばぁ~

はなぽん(1歳9ヶ月)はちょっと前から、おばけの本がお気に入りで普段からよく「べろべろばぁ~~!」なんて、おねえちゃんとふざけあったりしていたのですが・・・。

今日の午後、お友達んちにねーちゃんと遊びに行って、幼稚園児たちに混じっておんなじようにきゃーきゃー言って遊んでいました。
そのお友達のお宅は同じマンション内でもうちと全く違う間取りで、玄関からリビングに通じる廊下がクネクネ曲がっていて、昼でも電気をつけないと薄暗かったのです。子供達はその廊下を行ったりきたりして遊んでたんですが、しばらくしてはなぽんが、

「ママー、べろべろばぁ~、ここー!べろべろばぁ~、ここー!こわ~い!!」

って言いながら抱きついてきて、廊下の隅を指差すのです。
え! おばけがいるの!? と見てみると、影が白い壁に映っておばけみたいに見えたのか?それとも、本当に何か見えたのか!?? 
それにしても、はなぽんは「おばけ」がどんなものかちゃんとわかってて言ってるのか???

まぁ、今まで怖いもん知らずのはなぽんだったけど、「おばけ」なんていう抽象的なものが怖いと感じるように、成長したってことやねぇ。

でも、せっかく遊びに呼んでもらったのに、「おばけがいるー!」なんて言って失礼な話やけど・・・(^-^;
[PR]
by emahana | 2005-11-21 22:25

白鳥の湖

えまが「白鳥の湖」に興味を持ち出したのは去年の今頃かもうちょっと前だったかな。

それまで音楽が流れていない時はないってぐらい、ずーっと何か流していたんだけど、子供が出来てから、「子供のために静かな時間を大切にしよう」と、子供が起きている時は一方的に音を流すテレビやCDは控えるようにしていたのです。
そのうちに、えま(当時3歳)が「ピカピカした丸いお皿を機械に入れると音楽がでる!」ということを発見して、毎日数枚ランダムにCDを出してきて「これ、鳴らして~。」って持ってくるようになりました。私も、「ま、いっかー。」とかけてやっていました。その中で、えまが気に入った曲もあり、明らかに拒否反応を起こした曲もあり・・・。

で、ある日ヒゲ面のおじさんの写真のCDを持ってきたので、かけてやったら、「ママ、これ何の曲?」と興味を示したのが、チャイコフスキーのバレエ音楽、「白鳥の湖」でした。「これは白鳥の音楽なんやで~。」って説明すると、鳥好きのえま、ますます大好きに!

なんだか前置きが長くなっちゃったけど、あんまり毎日聴きたい聴きたいっていうので、お話も聞かせてあげようと絵本を探したのが、これでした。

「白鳥の湖」リスベート・ツヴェルガー 再話と絵 池田香代子 訳
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901492403/qid=1132406155/sr=1-15/ref=sr_1_2_15/250-9696962-9253813

もともとどこか怪しいリスベート・ツヴェルガーの絵が好きだったので、アマゾンで注文して買ったのですが、開いてみると全然子供向けじゃない・・・(^-^; 
細かい漢字の多い文字に「とこしえの愛」とか「よこしまな魔法」なんて幼児には難しい語彙がポンポン出てきます。えまは大好きな「白鳥の湖」のお話だし、「難しい」っていう先入観がないので、じーっと聞いていましたが・・・。

でも、この本を買ってよかったのは、音楽と朗読のCDが付いていたこと!
あまり朗読のCDは聞いたことがなかったけど、やはりプロの朗読はとっても上手!! 淡々と読まれているのにどんどん物語に引き込まれていきます。そして、音楽はオーケストラの曲をオーボエとハープにアレンジしてあって、各ページが終わるごとにその場面の音楽が短く挿入されています。そのアレンジも物語の流れを損ねることなく、控えめでなんとも美しいのです。

そして、も一つこの本のいいところは、もともと悲劇のはずがハッピーエンドなのです♪ラストシーンについては詳しくあとがきに書いてあったけど、やっぱり物語が終わった後は幸せな気分でいたいよね。

どうして、今頃「白鳥の湖」のことを長々書いてるかっていうと、今日朝の家事をバタバタやってると久しぶりにえまが「白鳥のCDかけて~。」って持ってきたのです。えまがこのCDを聞くときは、音楽がなるとシルクのスカーフをつけて踊り、朗読が始まると「白鳥のポーズ」で待機^^
今朝、何ヶ月ぶりかに聞いたらなんだか私がじーっと聞き入っちゃって、「もう止めてもいいよ。」って言われてるのに、もっと聞きたくなり2回連続でかけちゃいました。

この本は私のお気に入りだなー(^-^)
[PR]
by emahana | 2005-11-19 22:45