我が家の癒し系ガールズの日記


by emahana

カテゴリ:幼稚園( 10 )

卒園式

d0025729_1331510.jpg昨日はえまたんの卒園式でした。とうとうこの日がやってきました。
今年の冬は雪がたくさん降って寒かったけど、やっと暖かくなって幼稚園の梅も満開。いいお天気でよかった^^

このところいろんなところに文集なんかの原稿を出すことが多くて、同じことを何度も書いてるような気がするけど、入園してきた頃と比べるとなんて大きく成長したことか!
園長先生から一人一人卒業証書をもらって壇上から降りてくる子供たちの顔がとっても誇らしげで、証書を高々と掲げて歩いてくる姿がかっこよかったです。3年間一緒に過ごした子供たち、一人一人、みーんなかっこよかったです! 

式の後、教室に戻って先生からいろんなお手紙や記念品をもらって、お別れの時が近づいてきて、最後の「さようなら」の歌を歌いました。この歌はそんなにしんみりした歌じゃなくて、毎日お帰りの時間に子供たちが歌ってる「今日も楽しくすみました~お帰りお支度できました~せんせい、さ~よなら、またまた明日~(バイバイ!)♪♪」っていう明るい歌なんだけど、もうこの先生やクラスの仲間達と歌うのは最後だってわかってるのかわかってないのか、子供たちが普段と変わらず明るく元気に歌ってるのを聞いて、胸がいっぱいに。。。

普段どおりに、子供たちが歌の後に声をそろえて
「せんせい、さようなら、みなさん、さようなら!」
って言った時に、先生がこらえきれずに涙を拭かれていました・・・。

そうだな~、私も自分の卒園式では、緊張しつつもなんだか楽しくって、どうして周りの大人が泣いてるのか分からなかったなぁ・・・。 でも、晴れ晴れとした気持ちでうれしくって、大好きだった先生から手渡してもらった鉢植えのパンジーのお花がとても大切に思えて・・・

こんな風にえまたんも、楽しかった幼稚園と卒園式の思い出が残るのでしょうか。きっとたくさんたくさん、ママも知らないような幼稚園の思い出があるんだろうなぁ。
ほんとにいい幼稚園に出会えてよかったです。引越しで下の二人が通えなくなるのが残念。。。でも、次の幼稚園でも素晴らしい出会いがあることでしょう!

えまたんの入園と一緒に始めたこのブログも、もう3年続いたんですね~!
ずっと読んでくれていた皆さん、どうもありがとうございました。
これから引越しやなんかで忙しくなりそうだし、上が小学生にもなると、このような誰でも閲覧できるような日記に名前を出してあれこれ書くのも不都合が出てくるかもしれないので、潔くブログも一旦おしまいにしようかなーと考えています。



・・・・・でも、書くのは楽しいので、またそのうちにポツポツ書き出すかも・・・・
その時は今のとはまた別のブログを作るかも・・・・・


どうなるかは分かりませんが、とりあえずは、しばらくお休みということで、皆さんどうもありがとうございましたm(._.*)m
[PR]
by emahana | 2008-03-18 13:33 | 幼稚園

ビデオ上映会

幼稚園で、12月ぐらいから4回シリーズでビデオ上映会がありました。毎回は行けなかったものの、行った時に前回のビデオも上映してもらえたので、1巻~4巻全て見せてもらうことができました。

何のビデオかというと・・・「3年間の保育記録」

リョウガ君という男の子が、3歳になったばかりでとある幼稚園に入園し、そして卒園するまでの3年間を自然にありのまま撮影して、その幼稚園の園長先生(かな?)が解説をするというビデオです。

1巻目が3歳児前半(年少)、2巻目が3歳児後半(年少)、3巻目が4歳児(年中)、4巻目が5歳児(年長)で、今日見たのは3,4巻でした。

入園したばかりのころは、何かの拍子でお母さんのことを思い出して泣いてしまうリョウガ君。そんな彼を「園でのお母さん」として支える先生。そして、リョウガ君はお母さんがいなくても先生を頼って元気になっていく・・・だいぶ幼稚園の生活にも慣れてきて、リョウガ君はいろんな工作に挑戦するものの、うまく出来なくて、それが悔しくて泣いたり癇癪を起こしてしまう・・・先生の反応を見るためにわざとおもちゃ箱をひっくり返したりなんかもしたりして。

12月に見た年少時代のビデオはそんな感じでしたが、年中になるともっとフクザツになってきます。

リョウガ君はもともと誰とでもすぐに打ち解けるタイプではありません。幼稚園では他の子供たちが楽しそうに遊んでる姿をじっと観察してることの方が多いのです。そんなリョウガ君もやっと仲良しのお友達が出来ました。その子と二人で遊びたい。だけど、そのお友達はリョウガ君だけではなく、他の子とも楽しそうに遊んでる・・・思い通りにいかないっていう葛藤、心の壁。

なかなか「一緒に遊ぼう」「仲間に入れて」っていえないリョウガ君を気にかけて、先生はいろんな遊びを提案したり、また自分から仲間に入ろうっていう気持ちを起こさせるために、時には距離を置いて待ってみたり。

リョウガ君はそんな「心の壁」に対して、幼稚園でお弁当を食べずにお腹が空いても水だけで過ごしたり、運動会では全く種目に参加しなかったりと抵抗を見せます。

年長になると、これがまたぐんと成長するんですね。
先生がそばにいないと遊べなかったのに、いつの間にか友達同士で遊びを考え出して活発に遊んだり、時には取っ組み合いの喧嘩をしたり。
苦手な工作で、出来なくて、涙が出そうになっても「眠くなってきた」ってごまかして、友達に助けてもらいながら、とうとう完成させたり。

そんなリョウガ君が卒園する場面では、胸がいっぱいになりました。
3歳~5歳の子供たちにとって、1年間、そして3年間がこんなにも密度が濃くって、ドラマティックなんだって改めて気付きました。いくつもの壁を乗り越えてきたことか!

そして、子供たちを暖かく支える先生達の姿勢!
親だと、もし自分の子供が友達と遊ばないでポツンとしてたら、「ほらー、あっちでみんな楽しそうにしてるから一緒にいれてもらっといでよー。」なんて、ついつい背中を押したくなるんだけど、先生達はじっくり待つんですよね。お弁当を何日も食べなくても、待つ。運動会なんかの園児達の活動に参加しようとしなくても、待つ。決して無視してほっといてる訳じゃないんです。じっと辛抱強く、その子供が心の中の壁を乗り越えて成長するのを、時には手助けしながら待っているのです。 どんな子供も、自分で育っていく力を持ってるんですね。

これまで通して見てきた、リョウガ君たちの幼稚園生活は、それぞれの子供の個性はあれど、今わが子らが送ってる幼稚園生活そのものなんでしょうね。
幼稚園の様子って、ポツリポツリと子供たちが家で話してくれることから、なんとなく分かってたようなきがしてたけど、きっとリョウガ君みたいに実際にはもっともっといろんな事件があって、いろんな心の動きがあるんだろうなー。

うーん、なかなか言いたいことがうまく書けないけど、とってもいいビデオでした!! 感動しました!

最後にもう一つ・・・
しょっちゅう幼稚園から持って帰ってくる、いろんな廃品(空き箱)で作った作品、お母さん達の間でよく「うちからゴミを集めて幼稚園に持って行って、それ以上のゴミを持って帰ってくる」って苦笑するあの作品って、あんなに苦労して苦労して、時には涙を流しながら作って、完成した時にはあんなに達成感を感じている大切な大切な作品だったのよねぇ。。。無下に捨てられないなぁ・・・^_^;
[PR]
by emahana | 2008-01-30 22:13 | 幼稚園

アドベントガーデン

先日、オイリュトミーの会でアドベントガーデンをやりました。
d0025729_23153792.jpgアドベントガーデンとは、シュタイナー教育を行っている幼稚園や学校のクリスマスの行事で、床にもみの木の枝で大きな渦巻きを作って行います。
今回はもみの木ははあまり手に入らないので、数日前に実家の裏藪で杉の枝を大量に集めてきました^^ それに、他のメンバーの方が持ってきてくれた月桂樹やアイビーの葉っぱも加わって、いい感じです。

渦巻きの中心に、先生がりんごに立てた蝋燭を灯します。
そして、子供達が先生のと同じようなりんごろうそく(前回作ったもの)を手に、順番に渦の外から内へ歩いていき、中心の蝋燭から火をもらい、内側から順番に点々と蝋燭をもみの木の小道へ置いていきます。。。

部屋を暗くして、先生のライアーの響きを聞きながら、とっても厳かな雰囲気で儀式は行われました。。。と、言いたいところが、例によって荒れ気味のはなぽんがグズグズいいだして、せっかく先生が読んでくださった詩がちゃんと聞けなかったわ(^-^;

オイリュトミーの会を始めてから、春、夏、秋が過ぎて冬になりました。オイリュトミーは大体季節ごとに内容が変わるので、これで子供達は4つの季節のオイリュトミーを体験したことになります。子供達もだいぶなじんできたみたいだし、はなぽんも何とかちゃんと参加している模様。なかなか日々の喧騒の中でシュタイナー教育は実践できないけど、少しずつでも心に浸透していけばいいなぁ。 
そうそう、最近(気が向けば・・・だけど)、蜜蝋キャンドルを灯して食事前のお祈りをしたりしています。

大地が育て、太陽が実らせた
ありがとう太陽、ありがとう大地
感謝していただきます
d0025729_23231172.jpg

[PR]
by emahana | 2006-12-22 23:23 | 幼稚園

秋祭り

昨日、幼稚園で毎年恒例の秋祭りがありました。幼稚園の田んぼや畑で立派なお米や大根が収穫できたことを神様に感謝するお祭りです^^(ちなみにえまの幼稚園でいう「神様」はいろんな宗教の違いを超えた、大きな意味での「神様」です)

年長さんは何週間も前からお店の準備をし、おみこしを作り、お母さんと一緒にハッピを作って、この日のためにいろいろ準備してきました。
年少&年中さんは、おっきい組さんたちが忙しく準備しているのを、「すごいな~、かっこいいな~!」と憧れながら、お買い物のためのお財布や紙袋、そして大事なお金を用意しました^^

そして待ちに待った当日!!

広い講堂にはところ狭しと年長さん達のお店が並んでいます。

「これからお買い物に行きます。お友達、お母さん、先生、誰と行ってもかまいません。もしお金がなくなったら、まん中のテーブルで作ってください。」

なんて先生の指示に、「うちらもお金なくなったら、ささっと作れたらいいよな~。」なんて隣のお母さん達とクスクス笑いながら、迷子にならないように子供の手を握って、いざお買い物スタート!!

もぉ、一生懸命な子供達の姿に笑みがとまりませんっ。

イチゴ飴、りんご飴をテキパキ売りさばく女の子の真剣なこと、

本物そっくりおいしそうなスライムゼリーを買ったらちゃんとかわいい絵が描かれたビニール袋に入れてくれるし、

大人気で長蛇の列が出来たヨーヨーすくい屋さんでは、「はいはい、ちゃんと並んでや~。順番やで~。」と声をかけ、ビニールプールにプカプカ浮いている新聞紙にビニールテープを巻いたヨーヨーを救うと、「ちょっと待ってね~。」ってギューッとぺっちゃんこにつぶして水を絞ってくれるし、

たこ焼き屋さんは、新聞紙を丸めて作ったたこ焼きをトレイの上にのせ、鰹節&青海苔、そして絵の具のソース(かなり危険(^-^;)をたっぷりかけてくれるし、

どんぶり屋さんは、お座敷に上がると、ちゃんと注文を聞いてくれて、ラーメンや親子丼をもってきてくれます^^ しばし、ゆっくりした後は、どんぶりとその中身はお持ち帰り。

目の回るぐらい忙しくてパニック気味のかき氷屋さんの男の子は、どんどんお客さんが並んでるのに、ボーっと宙を見つめていて、「ほらっ、○○! ちゃんと売ったげな! お客さん待ってるで!!」と隣でお母さんがヤキモキしてたり^^

売るほうも真剣なら、買うほうはもっと真剣!!d0025729_22213793.jpg

えまははなぽんの手を引いて、あっちこっちでお買い物♪
はなぽんは人混みに圧倒されながら、えまに必死で付いていきます^^ (始まる前にそれぞれのクラスで先生のお話や注意を聞く時点で、えまにくっついて気分は幼稚園児。)

自分で欲しいものを選んで、ちゃんとお金を渡して、商品やお釣りを受け取って、自分のカバンやお財布の中にいれて・・・と、普段ママがやってることそのまんまのことを体験して、子供達はめちゃめちゃ楽しかったはず(*^-^*)

d0025729_22364484.jpg大体商品が売り切れて店じまいすると、今度は年長さんがおみこしを担いで園庭を練り歩きます。年少&年中さんは手に手に鈴やタンバリン、カスタネットなどを持ってお囃子隊。
このときも、はなぽんは「えまたんのとこにいく~。」とえまにくっついて歩き、えまに鈴を貸してもらってご満悦^^

お祭りが盛況のうちに終わっても、はなぽんは「えまたんともっとあそびたい~。」と駄々こねて帰ろうとせず・・・。仕方がないから、お弁当が始まりつつある教室をのぞきに行って、えまに「お家で待っててね。」ってギューッと抱っこされると、得心して帰る気になりました。

家に帰ってからも、二人で一心不乱にお店屋さんごっこしてみたり、スライムを切り刻んでみたり。丸一日経ってもお祭りの余韻から冷めないようです^^
[PR]
by emahana | 2006-12-01 22:38 | 幼稚園

区民祭り

えまの幼稚園の園児たちが区民祭りのオープニングで歌を歌うことになりました。
毎年開かれる区民祭りで、区内の幼稚園が順番にこの大役を担うということで、今年は我ら○○○幼稚園の出番!

園児たちは何週間も前から、歌を練習し、簡単な振り付けなんかも一生懸命覚えてきました。
そしてとうとう待ちに待った当日です!!

朝からてんやわんやしながら家を出て、電車にのって、てくてく歩いて、会場の公園に到着。
集合場所は公園の入り口で、私達が着いた頃にはもうすでに顔見知りの園児&お母さん達でごった返していました。

・・・でもそこは公園の入り口・・・通り道のど真ん中でこんなにぐちゃぐちゃにたむろしていていいのでしょうか!?
ふと見ると、先に出演する保育園の園児たちがビシッと制服を着て整列して静かにまっています・・・。
○○○幼稚園はというと・・・出席を取る様子もなくばらばら・・・先生達はそれぞれのクラスのメンバーの顔を見たらチェックとかしてたのかなぁ。

そうこうするうちに、先の保育園の演技が始まりました。大音量のブラスバンドの音楽に合わせての鼓隊です。旗を振る子達、太鼓やシンバルを叩く子達、そして指揮者の子・・・なんとまぁ、びっくりするぐらい、揃っていて、完璧な演技。まさに一糸乱れぬ演技とはこのこと!

そして彼らが誇らしげに颯爽と退場していき、我ら○○○幼稚園の出番!

バラバラ・・・と舞台に入ってきて、バラバラ・・・と並びだし、何とか全員舞台に並んで、歌が始まりました。
いつものように音程無視のガンガンシャウト系の合唱です・・・元気良すぎ(* ̄m ̄)
振り付けは・・・すっごく一生懸命なんだけど、なんだかバラバラ、
「なんだか一人だけ大声で歌ってる!?」と思えば、舞台の前に設置されているマイクにかじりついて歌ってる男の子が(^-^; もう一人出てきて二人でマイク握りしめてロックシンガー並みのシャウト(^-^; (その後、マイクは切られ、挙句の果てに撤去・・・)

もぉ、こののびのび具合、最高でした(* ̄m ̄)  園児たちの表情も少し緊張はしていたものの、ニコニコとってもいい笑顔^^ これが○○○幼稚園のいいところなんでしょうね。ますます大好きになりました(*^-^*)

「なんか前の保育園、揃いすぎてて気持ち悪かったよなー。私ね、何年か前の区民祭りで○○○幼稚園の歌聞いて、ここに決めてん。」
なんていうお母さんも(*^-^*)

がんばったご褒美はお祭りの「わたがし券」、「うどん券」に「ジュース券」。
午前中いっぱい、お祭りを満喫しました♪
[PR]
by emahana | 2006-11-23 21:48 | 幼稚園

マリンバ演奏会

今日は幼稚園の育児支援活動の一環で、マリンバの演奏会&学園長の講演会がありました。
演奏者の方は、えまの幼稚園の上の小学校の音楽の先生。教職の傍ら、あちこちで演奏活動もされているようです。

会場の講堂は幼稚園の園児、小学校の児童、園児のお母さん達、近所の未就園児のお母さん達で、にぎやかにぎやか^^
でも素敵なワンピースの先生が舞台の上に上がってこられて演奏が始まると、それまで走り回ってたちびっ子も舞台に集中して聴き入っていました。

やっぱり生演奏はいいね~(*^-^*)
叩いて音がなるっていう、一番シンプルな楽器だからこそ、間近で見ると迫力があります。
はなぽんは「はなぽん、このおうたすき♪」と「ウィリアムテル幻想曲」が気に入ったようです^^
一生懸命聴いている幼稚園児たちがかわいかったな~。 
テンポのいい曲は一心不乱に手拍子して、よく知ってる曲は、大きな声で歌いだすし、演奏者の方が「今までは2本のバチで弾いていましたが、次の曲は4本で弾いてみますね。」って言うと、「え~~!?」と素直に驚いている^^

私もマリンバのソロの演奏は初めて聴いたけど、よかったな~。打楽器っていいなぁ。

演奏会が終わった後、マイクで感想を聞かれた6年生の男の子が、
「いつもの先生と全然違ってて、かっこよかった。」
って、照れくさそうに言ってたのが印象的でした^^

その後の学園長の講演会も楽しみにしていたんだけど・・・退屈しだしたはなぽんがちょろちょろしだしたので、断片的にしか聞けず・・・。いいお話だったんだけどなぁ。いや、断片的に聞いたお話も、心に残るいいお話しでした。
[PR]
by emahana | 2006-11-09 23:01 | 幼稚園

運動参観日

昨日はえまの幼稚園の「運動参観日」でした。
子供達が毎日幼稚園で励んでいたことを、発表する日です。えまは毎日のように「あと何回寝たら、運動会♪」と、とっても楽しみにしていました^^

今年は、初めてパパ方のおじいちゃんおばあちゃんが見に来てくれることになって、ママはお弁当作りに前の日から大忙し(^-^; 
当日の朝、パパが実家までおじいちゃんおばあちゃんを迎えに行って、その間にママはお弁当を仕上げ、何とか集合時間に間に合いました~。

開始時間になって、少し緊張した顔の子供達が入場してきます。 えまは、お気に入りの男の子とペアになって嬉しそう^^ しっかり手をつないで歩いてきました。
年少さん達のちっちゃくてかわいらしいこと!去年は、えま達もこんなにちっちゃかったのねぇ。今年は、少しお兄さんお姉さんになって、だいぶしっかりしてきました。

去年の運動参観日では、泣いて競技に参加しなかった子、かけっこであさっての方向に走り出した子、ずっと先生に抱っこされていた子・・・などなど、まだまだ幼かった子供達が、今年はちゃんと先生の指示にも従って、ちょっと複雑な競技も出来るようになっています。
そういえば、年少の時には問題行動が多くて心配されていた子も、今年はずいぶん落ち着いてきました。お母さんもさぞ安心されたことでしょう^^ みんなそれぞれのペースで成長しているのね。

えまは、かけっこ、綱引き、ボールころがし、帽子かぶせ鬼ごっこ・・・それぞれの種目で、胸がキュンとなるぐらい、一生懸命がんばっていました。 クラスごとに2チームに分かれて、鬼チームに帽子をかぶせられたらアウトになる鬼ごっこでは、えまは見事に捕まらずに逃げ切り、鬼になった時は、執念深く追いかけて捕まえていましたよ(*^-^*)

今年の保護者競技は、幼稚園児&お母ちゃんに変装して、学年対抗リレー。お父さんお母さん達が、変な格好して手をつないで真剣に走ってる姿は、今年も笑えました^^

すがすがしい気持ちで、運動参観日も終わりに近づいた頃にアクシデントが!!

園児席で待機してる子供達を遠くから眺めて、友達とじゃれあって笑ってるえま達を「かわいいな~^^」なんて思ってると、後ろから先生が帽子でえまの周りをバタバタと叩いてる・・・
ちょっと目を離して、また園児席を見たら、えまが指を押さえて泣き出した・・・先生のところに駆け寄って、先生と一緒に本部席の方へ行って・・・帰ってきてもまだ指を押さえて泣いてる・・・

どうしたのかと思って、園児席の方に行ってみると、叩かれて死んだと思った蜂を指でつついたら、刺されたとか!?数週間前にははなぽんもお腹を蜂に刺されれたし、今年は蜂によく刺される年だわ。

キラキラ光る金メダルを首に下げての記念撮影は、かなりブルーな顔していましたが・・・今日一日がんばったえまは誇らしげでした。
[PR]
by emahana | 2006-10-15 22:58 | 幼稚園

七夕祭り

毎年7月7日には、えまの幼稚園の七夕祭りがあります。
園児達が登園するのは夕方の6時! 
いつもと同じ幼稚園で、いつもと同じ先生、いつもと同じお友達だけど、今日はみんないつもとちょっと違います。

今年も、家族みんな浴衣を着ていざ幼稚園へ!
えまは初めて下駄を履いて、おっかなびっくり、でもうれしそう(*^-^*)
お熱のはなぽんも勢いでつれてきちゃいました。

早めに園に到着して待っていると、続々とお友達がかわいい浴衣や甚平姿で集まってきました。お母さん達も半分ぐらいは浴衣姿だったかなー。いろんな人の色とりどりの浴衣&帯を鑑賞するのもまた楽し^^
d0025729_23105069.jpg


時間になって、これまた浴衣姿の先生方に迎えられて教室に入ると、七夕飾りを作ったり、短冊にお願い事を書いたり。

暗くなると、子供達は園の裏を流れる疎水の両岸に並び、いっせいに手に持った花火に火を点けます。川面にゆらゆら輝く花火の光がなんとも幻想的・・・。去年は雨で花火は中止だったので、今年は無事出来てよかった~。

主役のはずの子供たちは・・・
はなぽんは予想通り、機嫌が悪く抱っこ抱っこ、えまは途中まではよかったけど暗くなってきた当たりから、「おなかすいたー」「ねむたいー」
そりゃ、いつもだったらもう布団に入ってる時間だもんねぇ。
でも、「子供達が大きくなってもずっと心に残る七夕祭り」って言われる園の名物のこの七夕祭り、きっとえまもこの特別な夜をずっと覚えていることでしょう。
d0025729_2318185.jpg

[PR]
by emahana | 2006-07-08 23:19 | 幼稚園

念願のお花見!

えまの幼稚園のそばを流れる疎水沿いは近隣でも有名な桜の名所です♪
d0025729_2375675.jpg
d0025729_238986.jpg

せっかく桜が咲いているのに、このところずーっと雨・・・。
あぁ、このまま雨の中散ってしまうのか・・・と残念に思っていたら、今日はなんとか雨が降らなさそう!チャンス!!とばかりに、いつもならバスで帰ってくるところ、今日はお弁当を持って園までお迎えにいき、そのままお友達と一緒にお弁当を食べながら念願のお花見をしました♪

ちょうど一週間前に、近くまで来たのでちらっと見に来たときは、満開に見えて5分~8分咲きぐらいでしたが、今日は見渡す限り花!花!花!の満開です。肌寒い日が続いているので花も長持ちしているようです。水辺の桜ってまた一段と美しい!ため息が出そうなぐらいきれいです!

そして、風がふくとふぁ~~~~っと花吹雪。お弁当に雪のように積もる花びら、疎水を流れていく花びらがなんとも風情たっぷり。

子供たちは毎日見慣れてるからか、当然のごとく「花より団子」、もしくは「花より遊び」(^-^;
思い思いに走り回ったり穴を掘ったりして(←犬か!?)遊んでいました^^ 
それにしても、この桜が毎年見られるだけでも、この幼稚園にしてよかったなーと思います(*^-^*)大津側の三井寺周辺の疎水の桜もまたきれいなんだけど、週末はまた雨っぽいから見に行けないかなぁ。。。
d0025729_23192165.jpg
d0025729_23193264.jpg

              ↑後ろで踊ってるえまにも注目!
[PR]
by emahana | 2006-04-14 23:23 | 幼稚園

焼き芋大会

今日は幼稚園の焼き芋大会でした。ママもはなぽんも参加♪
年長さん~年少さんまで縦割りで3つのグループを作り、園庭に3つの大きな焚き火を炊きます。焚き火用の落ち葉や小枝は前もって子供達が裏山から集めてきたもの。大きな炎が落ち着いたころにアルミホイルに包んだお芋を投入~!

点火したときにパーっと燃え上がった炎にびびったえまはお芋を投げ入れる時もちょっと怖かったみたい(^-^; でもクラスの「お相手さん」が欠席だったため、その子の分も責任持って焼かなくてはいけません。へっぴり腰になりながらも、年長さんのお姉さんが助けてくれて無事に焚き火の中に放り込むことが出来ました。

お芋が焼けるまで、しばしお遊戯タイム。「なべなべそこぬけ」や「焼き芋の歌」など、いろんな遊びをしていました。その頃になると、眠たかったはなぽんも目が覚め始め・・・ママと一緒に散々「なべなべそこぬけ」をやったり、横っちょの方でお姉ちゃん達がやってるお遊戯のまねっこしたり(*^-^*) はなぽんは幼稚園にとってもあこがれてる様子。先生と一緒に、いろんなことしたいのよね~。

ちょっとお遊戯に飽きてきても、まだまだお芋は焼けません。はなぽん、うろちょろ開始!
いろんな遊具で遊んだり、顔見知りのお母さん達を探しにいって挨拶まわりしたり。ちっともじっとしていません。

やーっとお芋が焼けたら、まず園児たちに配られます。普段は真冬でも半そでで元気に遊んでる園児たち、今日はめずらしくみんなスモッグを着てるなーと思ったら、ポケットに熱々のお芋を入れるがためにスモッグを着てたのね^_^;ゞ
みんなお腹のポケットにホカホカのお芋を入れて、そのままポケットごと持ち上げてほおばっています。

それを見ていたはなぽんが黙ってるはずありませんっ。「ちょーだいっ!」と先生のところにトコトコ走っていって、ちゃんと自分の分をゲットしてきました。(ちゃんと弟妹さん用に多めに焼いてくれていたのです。)そして、晴れてお姉ちゃんやお姉ちゃんの友達と一緒にお芋をハフハフ♪
でも、ふと周りを見ると、みんなポケットにお芋を入れている!? はなぽんもポケットを探せどない! なので、ジャンパースカートの胸当てとシャツの間にお芋を入れて、おんなじように食べていました(* ̄m ̄)

やっぱり焼き芋、おいしいね~♪
[PR]
by emahana | 2005-11-18 23:07 | 幼稚園