我が家の癒し系ガールズの日記


by emahana

小児科の先生

月曜日に発熱してから、今日で3日目。
午前中は7度~8度台で、割と元気に動き回ったりしてるけど、午後遅くなるにつれ熱が上がってきて、39度~になりぐったり。

流行中の溶連菌のこともあり、もう一度小児科を受診してきました。
診察の結果、「やはり喉が赤いけど熱の割りに元気だし、夏風邪ウィルスでしょう。」とのこと。熱が長引く風邪が流行っているらしい。そういえば、近所でも「熱がなかなか下がらなくて。。。。」って子が何人かいました。

「お薬はどうしましょう?抗生剤を飲んだら、喉の痛みは早く引くこともありますが、ウィルスには抗生剤は意味ありませんからね~。希望されるなら出しますけど、お薬飲んでも後2日は熱が出るでしょう。後2日待ってみてそれから飲んでも遅くはないと思います。」

と聞かれれば、もちろん「では待ってみます。抗生剤は出来ればあまり飲ませたくないので。。。」というと、先生は「私も同じ意見です 。」

「解熱剤はうちにありますか?もし使われるなら出しますけど、どうしましょう?」
「少し痰が絡むようですが・・・痰を切るお薬を飲みますか?」

とむやみに薬を出さずに、えまの自然治癒力を信用してくださってるようで、信頼できるお医者さんだなーと思いました。結局、薬は必要と感じれば以前に出した残りを飲んでくださいってことで、何も出されず。

ここだったら、自宅マンションの1階だし何かあったらちょこちょこ診察&経過観察してもらってもいいかも。まだ出来て2年は経ってない小児科で、3人先生がいるけどみんな若めの女医さん。今度、マンションのロビーで、そこの先生&看護師でお話&ハープとフルートのコンサートを開催するらしい!?

よしっ、えま、自分の力でがんばって風邪を治すんだ~!
[PR]
by emahana | 2005-06-01 23:13 | こどものこと