我が家の癒し系ガールズの日記


by emahana

七夕祭り

毎年7月7日にい○み幼稚園で七夕祭りが行われます。
この日は昼間の保育はなしで、園児達はお家の人達と一緒に夕方から登園し、七夕のお飾りを作ったり、わらべ歌で遊んだりした後、手に手に花火を持って疎水端に並び、いっせいに花火をします。子供たちはみんな浴衣や甚平姿、先生達はみんな、お母さん達も半分以上は浴衣姿で、それはそれは風情のある行事なのです。

避難訓練事件で、「七夕祭りは行かない~(涙)」となっていたえまですが、先生からもちゃんとお話してもらってちょっと不安ながらもだんだんと楽しみになってきたようで、何日も前から「明日は七夕祭り?」って聞きながら、ようやく7日を迎えました。

夕方6時に集合ってことは、余裕を持って5時過ぎには家をでなきゃいけなく、それまでに夕食を済ませないといけなくて、いつもは7時過ぎには眠たくなるので、ちゃんと昼寝もさせなければいけなく、そのためには午前中いい具合に疲れるように遊ばせなくてはいけなく・・・・ママ達は浴衣を着ていこうと示し合わせていたので、浴衣の着付け&ヘアもしなくては・・・と朝からママの頭の中では今日一日の段取りでいっぱい^^;

午後にすごい大雨も降ったりしてどうなることかと思ったけど、はなちゃんの子守要員のじーちゃんばーちゃんも到着して、ママもパパも(!)無事浴衣を着て、えま&はなはばーちゃん手作りのおそろいの甚平さんを着て、いざ出かけました~!

幼稚園に着くと、いつもは体操服のお友達はちょっとおめかしして、きれいな浴衣&甚平姿、いつもならお日様いっぱいで明るい園庭は、夕暮れ時でだんだん暗くなってきてなんだか違う所みたい。普段はTシャツ&カーゴパンツに裸足の先生達もきれいな浴衣姿。
すべてがいつもと違うことばっかりでちょっとドキドキ。

とうとう空が暗くなり、いざメインイベントの花火が配られた時にちょうど雨が降ってきて、園児たちの疎水に並んでの花火は中止でしたが、何とか最後のフィナーレの打ち上げ花火が上がって七夕祭りは終了しました。

中止になった花火は、もし行われていたら、疎水の両側に並んだ園児たちが交互に花火に火をつけ、水に花火が映って、それは美しく、子供たちが卒園してもずっと心に残るって言われていて、楽しみにしていただけに残念! でも、今年のえまは花火を怖がってたこともあって、幸か不幸かって感じかな。でも、また来年も再来年もあるし、いや、はなちゃんの在園の年もあるから、これからしばらくは毎年楽しみにしましょう(*^-^)

そうそう、パパも浴衣を持っているお宅は少ないらしく、パパも浴衣を着てきているところはほんの数人。そのなかでも、うちのパパは「西郷どん」とか言われながらも、とーっても浴衣が似合っていたらしく、次の日何人からもほめられちゃいました(^^ゞ
[PR]
by emahana | 2005-07-08 23:00 | こどものこと